2015年04月13日

【流行歌】 広瀬川慕情 〜 【同】 十九で別れた港町 〜 【同】 私が生まれて育ったところ (歌唱:野路由紀子) 〜 大内万里亜の望郷メドレー 〜




数多い野路旅情演歌から関係3曲選び、大内万里亜の望郷メドレー にしてみた。

さて望郷抒情。
まあ、これは散々に言い尽くされてる繰言なのであるが… 彼女には絶対に一人暮らしをさせるぺきではなかった。
出身の仙台を出て名古屋(でもどこでも良かったんだろうが。結果からすれば)に行きたいと言い出した時点で、親でも他のだれでもいいから、ひっぱたいででも留めてたら…
折も折、彼女の旧悪がまたひとつ報じられている。
親、学校。教育者に恵まれなかったのが大内の不幸であろう。

もっというなら教育そのものにだ。

(「死にたい」とは思わないけど「死んでみたい」とは考える。「殺したい」人はいないけど「殺してみたい」人は沢山いる。)

上記括弧内は大内がしたとされる発言を原文のまま引用したものだが、作者は「リケジョっちゃ、こんなもんだわ」と考える。
いやはや、銭ゲバの走狗に変質した小保方晴子氏よりは、よほど本物のリケジョである。
ひとことで言ってしまえば浮世離れしてるということになるのだが、つまりは日本における理科教育だ。
受験競争に対する反動であろう。我国においては、やたら実験観察ばかりに重きを置いた理科教育が施されており、狭義で科学と呼ばれる自然科学の応用科学を、学問として教える体制になってないのだ。

だから心が伴わない。

論より証拠、昨年来の醜態で広く世間に知れ渡る処となった。
やれ脱税だ、お手盛り人事だ、足の引っ張りあいだ、企業との銭闘だと、それが世界に冠たる科学者の所業だというのだから恐れ入る。
こんな体たらくなものだから、ほんのちょっとした弾みで、心が完全に溶けて無くなってしまった大内のような者を出現させてしまうのである。

大内万里亜もまた、戦後日本の狂育にスポイトされた(←弓月光がよく使ってたギャグ)被害者と言えるのではなかろうか。



と、この言い回し、



【流行歌】 広瀬川慕情 〜 【同】 十九で別れた港町 〜 【同】 私が生まれて育ったところ

投稿者:大内万里亜




を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! 馬韓亭おぼこ の中の人 様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!