2016年04月10日

【流行歌】 愛の嵐 《作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童 歌唱:山口百恵》 〜 心の貧しい女だわー わぁーたし♪ のフレーズに触発されて



歌謡曲は大体広告が入りますねえ。
てことは、この拾い物は(当時行われてた)口パク?
兎も角は目障りでスンマセン、これがつべ仕様ということですのでご容赦ください。

背景には二つの事件を巡るそれぞれ二人ずつの都合4人の女性が登場します。
事件では周辺人物に過ぎなかった彼女らがここでは主役、♪〜心の貧しい女だわー わぁーたし であります。
んと、さっきいい忘れた、この唄はジェラシーストームというタイトルではなかったのですね。
繰り返されるストンストンのフレーズからして作者はてっきり…
題名と同時に歩くデータベースを自負する作者にも狂いがあることを知りました。(注 ここらの記述は元通りかは定かでない)

……


やり過ぎ?でもでも少なくても2/4は公僕ですよ。
なら受忍の義務があるし、何よりも正規の風刺批判ですわ。
前半に織り込んだ三鷹の事件のお二人さん(鈴木家代理人弁護士&東京地検立川女性検事)はその折にふれてますので、ここは後半部、現在進行形の朝霞の方に絞りましょう。

井上典子さんっていうんですね。朝霞市立朝霞第三中学校、齋藤杏花嬢が通ってた中学の校長は。
事件がまだ刑事事件としてスタートしてないうちから卒業証書の糸瓜のとしゃしゃり出てきてたので嫌でも名前を知ることになりました。
はっきり言って…気に入りません。胡散臭さを覚え何か穿ったものの考え方すらしてしまう作者です。
そうですよ、もし齋藤杏花の名が世間に残ることでこれからの彼女に悪弊が生じるというならネットで名前を書いてる者のせいでなく、教育者として録を食んでる貴女が勇み足したせいだ、我々はその伝聞者にすぎません。

最大級に好意的に見ても出しゃばりだってことは否めませんね。
なんだって私が、私がとしゃしゃりでるのでしょう?
貴女の仕事は任された市立中学の運営にあたることじゃないですか。
個々生徒の事情に首を突っ込むのは公務員として越権だし、何よりも世にもみょうちくりんな恋愛感情(含み)をも含めてこなせると思ってるのがおこがましく、一体何様なのかと野次りたくなります。
品性は長屋のおかみさん程度、そのくせ心の豊かさがないと来てればとるところがありませんわ。

ま、こんなのの中学に行かなくてむしろ良かったのでは、とさえ感じての風刺投稿です。
杏花の女親しかり。
パートに出て習い事の謝金稼いでた?こんなのは教育じゃありませんね。
何故家庭で子供と触れ合う機会を狭めてしまうのでしょうか。
同性親として家庭で娘に教えることなら山とあるはず、それこそが教育であって学校や習い事など貴女の娘が学ぶべきこと全体からすれば九牛の一毛、大海の一滴に過ぎません。

少なくとも例えば、家族の情や男女の機微を知ることの方がよっぽど大事なんじゃないで-すか。
論より証拠ということがあります。





と、この言い回し、




【流行歌】 愛の嵐 《作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童 歌唱:山口百恵》 〜 心の貧しい女だわー わぁーたし♪ のフレーズに触発されて

投稿者:齋藤紀明さんを捜す会




を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! 馬韓亭おぼこ の中の人 様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!